任意整理とは?

法律書

任意整理の特徴としては、月々の返済額とその支払い総額の両方の負担を軽減することができます。また、個人の車や不動産などの財産を残すことができ、家族などにも知られることなく手続きをすることができます。任意整理が自己破綻の手続きと違う点は、裁判所を通すことなく直接金融機関や会社に交渉ができるということです。毎月の返済額の減額や支払い総額を軽減して負担を軽くしてもらう、それが債務整理の特徴になります。また、認定司法書士が仲介などに入ることにより金融機関や会社などからの督促を止めることができます。また裁判所の介入はないので家族や職場などに内緒で手続を進めることができます。まずは過払い金や多めに支払った利息がないかを再計算してから、借金の減額交渉を行います。今後の返済についての利息の減額や支払い回数を増やすなどの和解交渉を行ってから成立したら和解条件に応じて返済を行います。自己破綻と違い任意整理の場合は、すべての債務を整理するわけではなくて知人からの借り入れや住宅ローンなどの一部の債務整理をしたくない場合は除外して手続きを進めることが可能です。任意整理のメリットとしては認定司法書士が仲介などに入ってくれることで金融機関などからの督促を止めることができます。また裁判所は介入しないので家族や職場に知られることなく手続きをすすめることができるのも自己破綻手続きにはない点です。デメリットとしては任意整理の場合は自己破綻手続きとは違って、返済を継続して行うことが手続きの大前提となります。