個人再生とは?

ジャッジガベル

個人再生は債務額にもよりますが、普通では債務額を5分の1かもしくは最低弁済額の100万円まで減額可能で、3年間という期間で返済する計画を立てます。これを裁判所が認可することで債務を大幅に軽減することが可能になります。また自己破綻とは違い住宅を失うことなく借金の減額ができるのも個人再生の強みです。任意整理の場合でも住宅を残すことはできますが、任意整理を行った時の減額幅では生活の立て直しや経済的に厳しいという時にはこの個人再生が有効になります。個人再生は自己破綻とは違い、手続き中の職業の制限や借入の理由などによって手続きが認められないということはありません。ただ裁判所によっては、再生委員を選出する必要があり、その分の費用と期間がかかることがあります。選出された再生委員の役割として手続きをスムーズに進めるための申立人の財産管理や収支の有無、負債状況の調査や再生計画案の指導や履行テストの管理補助などがあります。履行テストとは、個人再生を行う際に再生計画に沿って返済することが可能かどうかを判断するための基準になるテストのことです。具体的には裁判手続きを進めながら再生委員かもしくは本人が開設した口座に返済していくのと同額のお金を6カ月間入金していきます。その間に入金が滞るようなことがある場合は再生手続きを行った場合に計画に沿った返済を続けていくのは無理だろうと裁判所に判断されてしまいます。こうなると再生手続きを裁判所に認めてもらうことが難しくなります。個人再生のメリットとしては、任意整理の場合よりもさらに返済の負担軽減が見込めます。また自己破綻と大きく異なるのが、住宅を失わずに債務を減額することができるということです。