過払い金は請求できる?

男性弁護士

過払い金請求の特徴としては、支払い過ぎていた利息などが戻ってくる、返済が終わってから10年以内であれば過払い金を請求することができる、などがあげられます。自己破綻などになる前になぜ過払い金が発生するのか?を理解しておきましょう。2010年の方改正以前までは、出資法や利息制限法などそれぞれで違う上限利率が定められていました。それによりほとんどの金融会社などは最も高い方の利率を選んで金利をとっていました。この出資法と利息制限法の間の上限利率がつまり払い過ぎていた利息ということになります。まずは過払い金請求をする際に行うことが、今までや現在借り入れで利用したことのある金融機関や会社にこれまでの取引履歴の開示請求を行うということです。そこで借入金額や取引のあった期間や借入時の利率を調べてもらいます。その情報を踏まえた上で利息制限法の上限金利に基づいた正しい再計算をして支払い過ぎていた利息分の金額を計算して割り出します。その結果、過払い金がある場合は金融機関や会社に対して過払い請求を行うことができます。また返済途中の場合なども元の借り入れしたお金に充てて借金を減額することができます。過払い請求の場合も自己破綻手続きと同じく完済から10年以内であれば再度、過払い請求をすることが可能です。過払い金請求のメリットとしては支払い過ぎていた利息を取り戻すことができ、返済中の借金なども減額することが可能になります。また家族や職場に知られることなく手続きが進められて、支払いが完済していれば信用情報機関などに債務整理の情報が登録されることもありません。自己破綻などに至る前に正しい知識を持って過払い金請求を行うことが大事です。