法律書

任意整理とは?

任意整理とは、債務整理をするにあたり金融機関や会社などと直接交渉してくれることで、借金の減額や利息の減免、支払い回数を増やすなどして返済の負担を減らしてくれる手続きになります。返済の負担を減らす点では自己破綻と同じになります。

詳しく見る

男性弁護士

過払い金は請求できる?

過払い金請求とは、金融機関などに対して支払い過ぎていた利息などを請求することによりお金が戻ってくるということです。これを行うことで返済の負担軽減や過剰な支払いなどをなくすことができます。負担を軽減する点では自己破綻と同じになります。

詳しく見る

ジャッジガベル

個人再生とは?

個人再生とは、債務整理をする際に裁判所に申し立て手続きをして、住宅を残したままでの債務の大幅な減額をすることができる債務整理方法の1つになります。自己破綻とは違い住宅を残すことができるという大きなメリットがあります。

詳しく見る

自己破綻について

女性弁護士

自己破綻の特徴としては、手続きをして利用することで抱えてしまった支払い義務をすべて免除することができます。ただ、その代わりに不動産などの一定の財産を差し押さえられることになります。また、場合によっては裁判所に出廷する必要がでてくることもあります。自己破綻には免責不許可事由と資格制限があります。自己破綻の手続き中の時などは、警備員などの職業につけないなどの制限がでてきます。また、借金などの借り入れ理由がギャンブルや浪費による場合だと自己破綻の手続きができなくなることもあります。他にも自己破綻の手続き中の際には裁判所の監督により制限がかかることがあります。なので仕事の都合などで引越しを行う際も裁判所の管轄外の地域に移る場合は裁判所への届け出が必要になる場合があります。不動産や車などの財産を所有している場合は管財事件として扱われます。個人の財産を調査して売却したり、債権者へ分配などを行う、管財人の選任が行われるため費用や専任するための時間が必要となります。自己破綻の手続きを行うことのメリットとしては、抱えてしまった多額の借金や負債などのすべての債務が免除になることです。また、認定司法書士が手続きや仲介に入ることで金融機関などからの督促を止めることができます。またデメリットもあります。自己破綻することで信用情報機関へ債務整理の情報が登録されることになるので、5~10年間は新しく借り入れなどができなくなる場合があります。